ゲーミングノートPCはグラフィックボートを搭載したノートパソコン

デスクトップでもそうですがいわゆるゲーミングと名の付くパソコンは映像処理に強いグラフィックボードといったパーツを搭載しています。同時にグラフィックボード性能を十分に引き出せるようにCPU性能が高い…メモリ容量が大きい…ディスプレイが大型などの特徴があります。

そしてゲーミングノートに搭載されるグラフィックボートはデスクトップ型と違います。グラフィックボードの型番も見てもらうとわかりますが「GTX○○○M」となります。末尾の「M」はモバイルを意味しておりノートPCに適したグラフィックボードになります。

性能に関してはデスクトップで搭載されるグラフィックボードに劣ります。またパソコンの性質上、パーツが小型化されるほどコストがかかるためデスクトップと同等性能であっても本体価格が高くなります。

ゲーミングノートPCのディスプレイ

液晶画面には光沢モデル、非光沢モデルとあります。

光沢モデルは色鮮やか映像を映しだしてくれますが光の映り込みが強いです。黒い画面で正面に立てば鏡のように自分が写り込みます。

そのためゲーミングノートは非光沢モデルが推奨されています。非光沢モデルだと映り込みがなく画面に集中ができるからです。光沢モデルに比べると映像の発色が地味に見えるケースもありますが目の疲れも減少されます。

拡張性が低いため購入後のカスタマイズは難しい

デスクトップと違いノートPCは内部マージンがほとんどありません。そのためカスタマイズできる部分やパーツもデスクトップに比べると非常に限られてきます。分解して自分でカスタマイズすることも難しいため基本的に購入後に拡張をするよりは注文時に完璧に仕上げて注文することが望ましいです。

グラフィックボードの交換などもできないため、長く快適にゲームをするなら最初から性能の高いグラフィックボードを搭載したゲーミングノートを選ぶ方が長い目で見るとコストパフォーマンスが良いケースもあります。

ただハイエンドモバイルグラフィックボードは非常に価格が高いです。デスクトップのハイエンドモデルよりも高いため、多くの人はそこそこの性能であるミドルクラスのゲーミングノートを選ぶ方が多いです。

↑ ページの上部へ