グラフィック性能に大きな差がある!

デスクトップに搭載されるグラフィックボードとノートPCに搭載されるグラフィックボードは大きな性能差があります。

その理由としてデスクトップ用は非常にグラフィックボードが大型になっておりノートPCに搭載させることができないからです。というよりも搭載させようとするとノートPC自体の大きさが巨大になり利便性を失ってしまうから。

そのためノートPCに搭載されるグラフィックボードはモバイル用に適したグラフィックボードになっておりどうしても固体が小さくなる分、性能を落ちてしまいます。

よくネットで調べるとゲーム用としてゲーミングノートはおすすめされていません。その理由はデスクトップに比べると性能が低く、価格も高いためです。

PCパーツというのはモバイル用に最適化するほどコストがかかる仕組みになっているためデスクトップPCに比べるとゲーミングノートPCは高くなります。

拡張性に違いあり

拡張性とはパーツ交換であったりパーツ増設などを意味します。デスクトップは大きな筐体で内部スペースにも余裕があるため大型パーツを搭載できたり、増設、交換もたやすく行うことができます。

変わってノートPCになると非常に狭いスペースにギュウギュウと必要パーツを搭載しているため購入後に拡張を行うスペースが限りなくないです。

ですからゲーミングノートPCを購入する場合は後からカスタマイズをするのではなく最初から自分好みのパーツを搭載させて完璧に近い仕上がりにして購入した方が良いです。

冷却性能の違い

ゲーミングPCはCPU、GPUに負荷をかけるため発熱をします。デスクトップ型は大型CPUクーラー、内部スペースが広いため冷却効果も高いですがノートPCになると冷却効果はデスクトップほどではありません。

内部スペースに限りもあるため搭載できるパーツも限定的です。また内部スペースも余裕がないため熱せられた空気が溜まりやすいといったデメリットがあります。

気軽さ、持ち運びのしやすさはノートPCが上

逆にゲーミングノートが優っている部分はやはり気軽さ、持ち運びのしやすさです。デスクトップを立ち上げて本腰を入れてゲームをやるのは意外と疲労感があります。ですがベットに寝そべりながら気軽にゲームをプレイしたい!なんて時はノートPCが便利です。

持ち運びは圧倒的にノートPCに軍配があります。デスクトップを持ち歩こうとなんて思いませんよね。Wi-Fiがある環境で友人たちと集まってPCゲームをやるなんてことがノートPCならできます。

ゲーミングPCはデスクトップ、ノートのどちらが良いのか?

性能、価格、コスパ重視なら圧倒的にデスクトップゲーミングを選んだ方が賢いです。

ノートゲーミングはどうしてもデスクトップが設置できない。2台目のゲーミングPCとして…なんて時に便利。コスパを度外視すればデスクトップ並の性能をもつゲーミングノートPCもあるので自分の状況に合わせて決めるしかありません。

ゲームはほどほどにスペックの高いPCでビジネスでも使いたい!なんて方にもゲーミングノートPCは人気があります。

結論としてはゲームを本当に快適にプレイしたいならデスクトップがおすすめ。どうしてもデスクトップが配置できない状況ならゲーミングノートPCが良いです。

↑ ページの上部へ