ゲームPCに最適なメモリ容量は8GB〜16GB

ノートに限ったことでなくデスクトップでも同じですがゲーミングPCに最適なメモリ容量は8GB〜16GBです。

この数字はPCゲームが要求してくるタイトルとのバランスを考慮した数値になります。

例えば最新ゲームタイトルの要求スペックを見ると推奨メモリ容量8GBといったものが増えてきました。古いゲームなら4GB前後です。ギリギリのメモリ容量に設定しておくと動作に影響を与えるのでゲーミングPCにおいては要求メモリに少し余裕をもたせた容量が最適となります。

例えばゲーミングPCでそこまで負荷の高くないゲームタイトルを中心にプレイするつもりであれば8GBで十分です。でも最新ゲームもプレイする予定なら16GBにしておいた方が無難です。

メモリ容量が多ければゲームしながらスカイプ、ブラウザを立ち上げても動作に影響を与えません。

BTOメーカーのゲーミングPCはほとんど8GB〜16GBに設定されているので特にカスタマイズも必要ありません。

最終的には予算でメモリ容量を決めよう

8GBより16GBあった方が絶対に良いです。しかし、ゲーミングPCにおいて最も投資するべきはグラフィックボード、次にCPUです。あと起動などを速くしたい場合はSSDも必須になります。

メインメモリは8GBあれば基本的には問題ありません。

なのでグラフィックボード、CPU、SSDに投資をして予算に余裕があるならメインメモリを8GB⇒16GBアップグレードするようにするのが賢いです。

もしくは初期構成でメインメモリが16GB搭載モデルを選ぶようにすれば余計な追加料金も発生せずに済みます。

↑ ページの上部へ