ゲーミングノートPCのゲームプレイベンチマーク動画

ゲーミングノートPCに搭載されるモバイルグラフィックボードを使ったゲームのベンチマーク動画を集めてみました。

どのくらいのfps値が出せるかなど参考になれば幸いです。

OVERWatch GTX950M×Core i5-6300HQ

グラフィック設定はMedium、解像度は1920×1080のフレームレート上限60fps設定によるベンチマーク動画です。派手なエフェクトが入ると40fps台まで下がりますが常時60fps前後を維持したプレイが可能になっています。

OVERWatch GTX960M×Core i7-6700HQ

GTX960Mでオーバーウォッチを最高設定にしてプレイしている動画です。fps値は常時40〜50台といった感じになっています。デスクトッププレイヤーは100〜200以上のfps値でプレイしている人が多いので最高設定で楽しむには少し不利になってしまいますね。

OVERWatch GTX970M×Core i7-4710HQ

恐らくグラフィック設定はエピック、ウルトラのどちらかだと思いますが常時60〜80fpsを叩きだしており高設定でも快適なプレイができています。設定を落とせば100fps値以上も出せそうなパフォーマンスを持っています。

OVERWatch GTX980M×Core i7-4720HQ

フルHDの各種細かい設定も最高にしてプレイをしています。それでも70〜90fps近くは出ているのでパフォーマンスの高さがわかります。

オーバーウォッチは最新FPSゲームの中では比較的軽いゲームです。ミドルクラスのモバイルグラフィックボードでも設定次第では60fps値以上を出せて快適プレイが可能となります。

↑ ページの上部へ